ハワイでレンタカーを借りるなら、充実した保険・補償内容で低価格の「Budget(バジェットレンタカー)」の“スーパーゴーバジェット・ハワイ”がおすすめです。日本からネット予約することで、現地のカウンター手続きがスムーズに行えます。

保険・補償内容をしっかりと確認しましょう

自動車損害賠償保険は強制保険なので必ず加入することになります。しかし、補償額は低く、対人(1人につき)$20,000、対人(1事故につき)$40,000、対物(1事故につき)$10,000となっています。この自動車損害賠償保険を補う保険として追加自動車損害賠償保険があります。この加自動車損害賠償保険に加入すれば、対人・対物補償限度額が合計$ 1,000,000に引き上げられるので、加入することをおすすめします。「Budget(バジェットレンタカー)」の“スーパーゴーバジェット・ハワイ”には、走行距離無制限で、自動車損害賠償保険と追加自動車損害賠償保険はもちろん、自車輌損害補償制度、搭乗者傷害保険、所持品盗難保険、対無保険者傷害保険がカバーされています。さらに、州税、車輌税、車輌登録料、空港利用税、施設使用料が含まれているので、現地のカウンターで悩む必要はありません。

返却時のガソリン満タンの必要の有無を確認しましょう

返却時において、ガソリン満タンの必要の有無によってコストパフォーマンスはかなり変わってきます。「Budget(バジェットレンタカー)」の“スーパーゴーバジェット・ハワイ”は返却時にガソリンを満タンにする必要がありません。

事故やトラブルが発生した時のことを想定しておきましょう

ハワイの路面状態は決して良いとは言えないので、走行中にパンクすることは珍しくはありません。また、ビーチで過ごすことが多くなることから、キーを濡らしてしまう可能性もあります。近年の自動車は電子制御されているので、濡れたキーでエンジンをかけようとすると、電子機能が破損しそのまま動かなくなってしまいます。このように、日本ではありえないトラブルが発生することが十分に考えられます。「Budget(バジェットレンタカー)」には、24時間日本語で対応してくれる緊急ダイヤルがあり、事故発生時の対応や、代車の手配などを迅速に行ってくれます。