万が一、病気やケガをしてしまった時のことを考え、日本語が通じる病院を把握しておきましょう。

おすすめの病院は「ドクターズ・オン・コール」です

日本語を話すスタッフが常時待機している、日本の海外旅行傷害保険適用可の診療所です。
診察時間は毎日7:00~23:00で、場所はシェラトン・ワイキキ内マノア・ウィングです。
ワイキキのホテルへの送迎サービスもあります(電話番号:971-6000)。地図は下記を参照してください。

日本の国民健康保険を適用させるには

海外で支払った医療費は、基本的には、日本国内での保険医療機関等で疾病や事故などで給付される場合を標準として決定した金額(標準額)から被保険者の一部負担金相当額を控除した額が海外医療費として支払われます。
日本出国前に市区町村または国民健康保険の窓口に行き「国民健康保険海外療養費支給申請」の書類をもらいます。
その中の、「診療内容明細書」と「領収明細書」をハワイの医師に記入してもらいます。
書類は英語と日本語で表記されているので、日本語が読めない医師でも心配ありません。
一旦、医療費をハワイの病院に支払います。
日本帰国後、市区町村または国民健康保険の窓口にハワイの医師が記入した「診療内容明細書」と「領収明細書」を提出し申請すれば給付金が支給されます。