ビショップ博物館では新たな展示品として、英探検家のキャプテン・クックが1779年にカラニオプウ王から受け取っていた羽根製のマントとヘルメットの展示をスタートさせました。ビショップ博物館に展示される前は、ニュージーランドのテ・パパ・トンガレワ国立博物館に展示されていました。