23日土曜日、暴風雪ジョナスによって全米で5,000以上のフライトがキャンセルされ、4,600便が遅延し、ハワイ滞在中の旅行者は大きな影響を受けました。