2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダンまたはシリアに渡航、または滞在したことがある(又は上記2重国籍)場合、2016年1月21日より、無査証での米国入国が出来なくなりました。ESTAを既に取得済みの場合においても、アメリカ大使館までビザの申請、取得が必要となります。ビザ免除プログラム参加国の軍又は外交目的による渡航に対しては、限られた例外が有ります。

日本国籍で、過去にイラン、イラク、スーダン、シリアへの渡航をしたことがない、及び、いずれかの国において2重での国籍を持っていない場合は、入国条件に変更はないため、ビザ免除プログラムを利用する渡航者の大多数は、この法律による影響を受けることはありません。